相続人の方が債権届出する場合にご提出いただく資料について

 相続をした事実と相続人がわかる書類を同封して返送してください。
必要となる書類は、

①被相続人の住民票除票又は戸籍附票
②被相続人の出生時から死亡時までのすべての戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本
③相続人の戸籍謄本等

です。②と③については、後記の「ご提出いただく戸籍謄本の範囲」をご参照ください。なお、それぞれ写しでのご提出でかまいません。  また、遺言書または遺産分割協議書がある場合には、それらの写しもご提出ください。
 なお、相続人が複数いる場合であって、相続人の代表者1名を、配当金受領のため一切の手続、受領に関する代表者として指定する場合には、こちらの書式にて届け出てください。

ご提出いただく戸籍謄本の範囲

お亡くなりになった債権者様の出生から死亡までの連続した戸籍謄本及び法定相続人の方を確認できるすべての戸籍謄本等が必要です。
主なケースをご案内いたしますのでご参照ください。

(1)配偶者と子供が相続人の場合
ご用意頂く戸籍謄本
被相続人 出生から亡くなられるまでの連続した戸籍謄本
相続人(子A・B) 結婚などで被相続人の戸籍から除籍されている場合は現在の戸籍謄本(または戸籍抄本)

(2)配偶者と父母が相続人の場合
ご用意頂く戸籍謄本
被相続人 出生から亡くなられるまでの連続した戸籍謄本
相続人(父・母) 現在の戸籍謄本

(3)ご兄弟姉妹と甥が相続人の場合
ご用意頂く戸籍謄本
父(故人)
母(故人)
出生から亡くなられるまでの連続した戸籍謄本
被相続人 結婚などで被相続人のご両親の戸籍から除籍されて以降、亡くなられるまでの連続した戸籍謄本
兄弟姉妹
例 弟B(故人)
相続人
例 弟A・甥C
結婚などでご両親の戸籍から除籍されている場合、現在の戸籍謄本(または戸籍抄本)